本文へスキップ

学生ローン乗り換え案内

おまとめローン

1本化のメリット1本化のメリット

学生ローンを複数社で借り入れがある場合のデメリットについては、前のページで説明しました。
こちらのページでは、そのデメリットを解決する方法として、「おまとめローン」を利用するメリットについて解説したいと思います。

おまとめローンとは・・・
ようするに1社で5社分の債務合計額を借り入れ、他の5社を返済してしまえば良いわけです。
「マトメ」には様々なメリットがあります。

金利に差がある!!
まず第一に、それだけの大きな額を融資する金融商品は、金利もかなり安い場合が多いのです。例えば通常の学生ローン専門店ですと、年18%が相場ですが、学生OKの大手ローン会社であれば、年10%程度です。
仮に借り入れ総額が80万円だったとした場合、金利が18%ですと1年間の利息は144,000円になりますが、10%ですと8万円で済むのです。
この64,000円の差は学生さんにとってはかなり大きいです。
これがもし5年も続けば、その差はなんと32万円にものぼるので、見過ごすわけにはいかないことは、人目でおわかり頂けるでしょう。
学生ローンの金利といサイトでは、その名の通り学生ローンの利息についての仕組みを詳細に解説していますので、参考になります。

送金料も大幅節約!!
振り込み手数料でも5年間て10万円以上もの差がつくことは前のページで説明しました。
金利の差、32万円とあわせて考えると、5年間の節約が42万円にもなります。

時間の節約も大きい
やはり1社での借り入れと、5社での借り入れでは、管理の手間も随分と違います。
振込み1件こなすのと、5件こなすのとでは振込みにかける時間が相当違います。
仮に1件あたり3分かかったとすると、その差が4件分なので、12分のロスになります。
1年で144分、5年で720分、時間にして12時間です。
たいしたことのないようにも思えますが、毎月のことなので心理的な影響は大きいのです。
送金に15分かかるとわかっていると、時間がなかなか取れない人はその分朝早めに家を出ます。待ち時間も想定して、20分以上は早く家をでなければならないのは、思った以上に苦痛です。多少バカげた理論かもしれませんが、実際はそうでもないのです。