本文へスキップ

学生ローン乗り換え案内

おまとめローン

おまとめローンおまとめローンを受けやすくする方法

学生ローン・学生キャッシング複数社で利用している場合のデメリットについては、前のページで説明しました。(送金手数料の問題・振込みにかかる時間的な手間)
そこで、借り入れが4件も5件もある場合、1社にまとめてもらうことが金銭的にも時間的にもメリットがあることも説明しましたが、1社にまとめてもらうと一言で言っても実は容易ではないのです。

●まとめ融資が難しい具体例
例えば5社で80万円の借り入れがあったとします。
ローン会社A社にまとめ融資の申し込みをした場合、80万円の申し込みをすることになりますが、既に5社で80万円の借り入れがあると融資はまず無理でしょう。
「他社を全部返済し、1本化したい」と言ったところで信用してもらえません。
もしその話がウソだったら、合計6社で160万円の借り入れとなり、こうなると多重債務者になってしまいますから、回収が困難になることは目にみえてしまうからです。
では、どのようにすれば「1本化」を信用してもらえるのでしょうか?

●1本化を信用してもらう為の方法
まず初めてのローン会社では「信用」の観点から無理でしょう。
そこで、今借り入れのある会社の中から、一番金利の安い会社か、一番取引が長く信用のある会社を選び、相談するわけですが、ただ相談するだけではダメです。
「まず他の1社を返したい」と申し入れ、一番借り入れ金額の少ない会社を選び、そこを実際に完済してしまうのです。次にその借用書を実際に返済した証拠として持参し、さらにもう1件分相談するのです。そうすれば、トータルの借り入れ金額に変化がないことは確認できますし、信用もしてもらえるでしょう。それを繰り返し、最終的に1本にまとめるのです。
肝心なのは、最初から他の4社分の借り入れ金額を申し込むのではなく、1社ずつ片付けていくことが重要なのです。

●大手ローン会社では、まとめ融資を率先しているところもある。
テレビコマーシャルなどでおまとめローンを宣伝している会社もあります。
大抵このような会社は、一般の学生ローンに比べて金利も大幅に安いので、まずこちらからアタックするのも手でしょう。
金利が安いにこしたことはありませんので。